うるしと伝統

漆というものは、天然の漆を用いて、樹液を絞り出すことで加工した塗料であり、有名な、黒船来航の時から、漆を用いた加工方法が塗装として日本に根付いてきたという風に言われているようです。

一方で、それまで民間的な塗装方法であった漆塗りの方法は、とにかく、高級なものを塗装するために用いるというような考え方が広まってしまったため、庶民離れを起こしていったというような事実もあるようです。

その一方で、ある地域では漆塗りを伝統製法として確立することで、地元の工芸品として売り出したり、伝統的な産業技術として継承していくことで、無限大まで続いているような地域もあるということは、確かかもしれません。とりわけ、塗装技術としては、世界でもかなり高いレベルのものであるという風に言っていいのではないでしょうか。