水性塗料

外壁や屋根の塗り替えで使用する「塗料」について、少し専門的なところまで突っ込んだご説明をしておきます。基礎的なことを知っておくと、今後依頼するときにも、将来への計画を考えていただく際にもきっとお役に立つと思います。現在主流の「シリコン樹脂塗料」を例にお話しします。一口にシリコンといっても、「水性1液型」、「溶剤(油性)1液型」、そして一級品の「溶剤2液型」と大きく分けて3種類に分けられます。次に耐久年数ですが、約13年といわれています。もちろん、例外もありますが、「水性1液型」や「溶剤1液型」では、4,5年で色が褪せてしまうのが実情です。もう少し詳しくご説明していきましょう。「水性1液型」は、大手ハウスメーカーが主に使っている塗料で、扱いやすく環境への負担も少ないのですが、耐久性や密着性は溶剤型(油性)に比べて劣ります。ホームセンター等で売っている水性塗料と同等の塗料です。