手すりや段差の有無

廊下や階段に手すりを設けるそうです。まだ手すりは必要ないという場合には、いつでも取り付けられるように下地の補強だけはしたほうがいいそうです。浴室、トイレにも手すりは必要だそうです。手すりの高さは使う人の体型にもよるかと思いますが、設計する人に配慮してもらったらいいそうです。浴室をまたぎやすい高さに変えることも大切だそうです。設備メーカーからバリアフリー対応のシステムバスも出ているそうなので、一度見てみるのもいいかもしれないそうです。また、浴室暖房乾燥機を設けるというのもいいそうです。冬の寒さ対策になるそうです。ヒートショック予防には脱衣室にもパネルヒーターなどをおけるスペースがあったらいいそうです。将来、介護が必要となったときのために、浴室やトイレはできるだけスペースがあったほうがいいそうです。浴室の出入り口は車椅子に対応できるように三枚引き戸にするのもよいそうです。寝室はトイレの近くがいいそうです。”