外壁塗装で色を決める時

外壁塗装が終わってみると、案外『イメージしていた通りの色に仕上がらなかった』という不満の声がとても多いそうです。おそらく、不満のご意見ナンバーワンかもしれません。一般的に、塗装関係の工事を実施するに際しては、仕上がり具合の鍵となる“色”を確認していただくため、“使用する塗料”の「色見本」をお見せして、選んでいただきます。ところが、色見本という小さな個片を眺めているだけでは、完成時の全体の仕上がりの色をイメージしにくいのは当然かもしれません。塗料を塗る表面の模様の大きさや形、深さによって、同じ色の塗料を塗ったにもかかわらす、驚くほど違った色に感じて見えてしまうことがよくあります。また、我が家が緑に固まれているとか、お隣の家の色とか、周囲の風景や太陽の光の差し込み具合によっても大きく左右されます。そのため、仕上がりは、色見本で選んだ色のイメージよりも若干“薄くなる”と思っていた方がいいかもしれません。